スタッフ紹介

美しいお口を実現して輝くような笑顔へ

歯の詰め物やかぶせものと同様に入れ歯の費用もまた「一律」ではなく、保険がきくものと保険がきかないもの(自費治療)とがあります。
材質の違いによって厚みや構造が大きく異なりますので、カウンセリングでじっくりお話をした上でピッタリ合うものを作っていきましょう。
院内に入れ歯の模型もご用意しておりますので、保険・自費それぞれの入れ歯の違いを実際に見てお考えいただくことができます。

美しいお口を実現して輝くような笑顔へ

金属床義歯

スタッフ紹介

食べ物の感触や温度を強く感じる部分である、上顎の内側(床)を金属で作った入れ歯です。
プラスチックよりも薄く作ることができ、感触や温度をしっかり伝えてくれます。チタン、コバルトなどがよく使用されています。
なお、違和感がまったくなくなるわけではありません。

【費用】¥150,000(税抜)~

ノンクラスプデンチャー

スタッフ紹介

従来の部分入れ歯は、金属のバネ(写真の左側の入れ歯)を使って義歯とご自分の歯を固定していましたが、どうしても違和感があります。
ノンクラスプデンチャーは、バネを使わずに樹脂のカバー(写真の右側の入れ歯)で義歯を固定する入れ歯です。見た目やお口の中の感触はすっきりします。
奥歯など咬む力が強くかかる部位の場合や、欠損歯が多い場合は、金属床との併用が望ましいこともあります。逆に、入れ歯を支える歯に動揺がある場合は不向きです。
※設計はそれぞれの症例により異なりますので詳しくはご相談ください

【費用】¥100,000(税抜)~

磁性アタッチメント義歯

ご自身の歯(歯根)が比較的しっかりとした状態で数本残っている場合には、義歯内面に磁石、歯根面に磁石をつけるための金属を入れて磁力を働かせることにより、義歯を口腔内に維持することができます。
それにより金属のバネをなくしたり、本数を減らしたりすることができ、義歯の動きも抑えることができます。

【費用】マグネット1個¥50,000(税抜)

アタッチメント義歯(ミリング加工)

スタッフ紹介

入れ歯を支える土台になる歯に溝のついた歯をかぶせ、その溝にぴったり当てはまる形のついた入れ歯のバネを入れることによって歯とバネとがしっかりと適合し、バネで固定するよりも安定を図れる入れ歯です。土台となるしっかりとした歯が数本必要になります。