スタッフ紹介

失った歯の機能を取り戻し、再び噛める歯へ

竹内歯科医院では、患者さんご自身の歯を守ることを第一に考えています。
なぜなら、ご自身の歯に勝るものはないからです。しかし、残念ではありますが、状態によっては抜かなくてはならない歯もあります。
また、グラグラしている歯をいつまでも残すことが、かえって顎の骨を失う原因につながり、最終的に入れ歯にもインプラントにも困難な状況を作り出してしまうこともあるのです。
診療の結果、お口の健康を守るために抜歯すべきだと判断した場合は、抜歯に加えて抜けた歯を補うためのご提案をさせていただきます。

インプラントとは

入れ歯を使うことが苦痛だという方、将来的に入れ歯にしなくてはならないと考えるだけでショックに思われる方もいるでしょう。
ブリッジを入れるために健康な歯を削らなくてはならないことに、納得いかない方もいるでしょう。
そのようなときの選択肢の一つとして、「インプラント」という方法があります。

インプラントは、チタンでできているネジのようなもので、「人工歯根」と呼ばれています。チタンは生体とのなじみがよく、顎の骨の状態が良ければ、しっかりと結合してくれます。結合を確認した後、そのネジの上にセラミック製の人工歯を入れます。入れ歯とは異なり、つけたり外したりする手間がなく、咬んだ時に外れたりすることもありません。

インプラントの注意点は?

インプラントの大敵は「汚れ」と「咬合力」です。
毎日のお手入れを欠かさず行っていただくことはもちろん、定期健診も続けていただく必要があります。
また、歯ぎしりや、TCH(トゥースコンタクティングハビット=歯を噛み合わせる癖)がある方、歯を失った原因が歯根破折のような力の作用によるものであった方の場合は、適さないこともあります。
顎関節症のように、顎や咬み合わせの状態がすぐれない方にも当院ではおすすめしません。

また、インプラントは骨の中に埋め込むものですので、骨の状態がよくない方も精査が必要です。糖尿病、骨粗鬆症などの全身疾患のある方は、状態がコントロールされている必要がありますし、喫煙習慣のある方は適しません。まずはご相談ください。

まずは検査から

インプラント治療は現在世界中で選ばれる「流行の治療法」ではありますが、当院では無理にすすめたりせず、しっかりご相談し、検査をした上で処置の決定をさせていただきます。

難しい症例ではあるものの、いろいろな面を考慮するとインプラント治療という選択が一番良いと判断した場合には、近隣のインプラント専門医をご紹介することもできますので、お悩みの際には何でもご相談ください。
なお、当院ではインプラント治療をご希望の患者さんには、イムス三芳総合病院でのCT撮影をお願いしております。

※撮影したCT画像は3D画像解析システムを使用して解析致します。

隣接歯との関係、上顎洞までの距離、下顎神経との位置関係、骨幅、骨高、骨密度などを分析し、インプラントの種類、埋入位置、埋入方向を診断していきます。

画像提供:マテリアライズジャパン

※大口式インプラントシステムの併用

通常、インプラント埋入時にはドリルを使用しますが、当院では「キリ」のような器具を使用する「大口式インプラントシステム」を併用していきます。
大口式インプラントシステムでは、「キリ」のような器具で骨に穴を形成し、器具の太さを徐々に太くすることでインプラントを植立するための穴を大きくしていきます。この操作は機械を使用せず全て手動で行ないます。
従来のドリルによる「顎の骨を削り取る」方法だけではなく、器具で顎の骨を圧迫し骨密度を高め、インプラントの保持に有利な骨の状態を作りつつインプラント植立窩を形成する方法を併用することで、骨の削除量を減らし残存骨を有効に活用し、かつ安全にインプラント治療を行なうことが出来ます。

当院のインプラント

当院のインプラント治療では、スイスのストローマン社が製造している「ストローマンインプラント」を使用いたします。
このインプラントの特徴は、他社のインプラントにはない「SLA(Sand blasted Large grit Acid etched)」と呼ばれるインプラント体表面の性状にあります。これはストローマン社が独自開発したもので、骨結合を促進する効果があります。
これによりインプラント体と骨との早期結合が期待できるのです。

まず最初のオペで、ネジのようなインプラント体を骨の中に植立します。

2~3か月後にインプラント体と骨との結合を確認し、アバットメントを装着し歯の形をした上部構造装着します

天然の歯の歯根の代わりに、人工歯根(インプラント)が骨内に入り、見た目は1本の歯のように見え非常に自然です。

イラスト提供:ストローマンジャパン

※インプラントのメインテナンス

インプラントは日々のお手入れ(ブラッシングなど)、定期的な検診は必須です。
インプラント周囲に汚れがたまっていると歯肉部分から炎症が起こり、インプラントの寿命を短くしてしまう事もあります。常に口腔内、インプラント周囲を清潔に保つことは大事なことです。
当院では定期的に健診を行ない、インプラント部分を含め、口腔全体の状態を長期に渡り観察していきます。