痛みの少ない治療~なるべく痛みを抑えた治療をご提供します~

予防の重要性とは

皆様にとっての歯医者は、「痛い」「怖い」といったイメージや、過去の治療から歯科治療恐怖症になったりなど理由があると思います。正直、まったくの無痛にするのはまだ難しいことです。また、怖いから通院を我慢してしまって、痛みが激しくなってから来院されたり、腫れてしまうまで放置してしまったりした場合は、通常の状態で来院していただくよりも、ずいぶん麻酔が効かない状態になってしまっています。
すると、少しの刺激でも強く痛みを感じるようになってしまい、痛いのが嫌だったはずなのに、かなり我慢が必要な事態になってしまうという悪循環が発生してしまうのです。そうなる前に来院していただけるよう、当院では麻酔時の痛みを軽減する工夫をしております。

表面麻酔

歯肉や粘膜の刺入部位表面に、クリーム状の表面麻酔薬を塗布します。
この表面麻酔により、針を刺す時のチクリとする痛みを軽減させることができます。

麻酔薬の加温

麻酔薬の加温

麻酔の液の温度が体温より低い場合、痛みを強く感じてしまいます。
カートリッジウォーマーで、液を体温程度に加温してから使用しています。

麻酔液の選択

当院では3種類の薬剤の麻酔用カートリッジを用意しております。

麻酔針の選択

【オーラ(R)注カートリッジ1.0ml/1.8ml(血管収縮薬エピネフリン添加リドカイン)】

通常の治療時にはオーラ注を使用いたします。麻酔の有効時間が長く効果も確実で、エピネフリンの作用により注射局所の血流が顕著に減少するため、出血量が抑えられ視野が明瞭になって適切な処置ができます。ただし、動脈を収縮させるエピネフリンの作用を考慮し、高血圧、心不全、甲状腺機能亢進、糖尿病をお持ちの患者さんには使用を控えることもあります。

【歯科用シタネスト―オクタプレシン(R)(血管収縮薬フェリプレシン添加プロピトカイン)】

フェリプレシンは主に静脈を収縮させるため、出血を抑える作用が多少弱いことと、麻酔の効き目が弱いこともあります。そのため通常は第1選択の麻酔液にはなりませんが、オーラ注を使用できない持病をお持ちの方には、シタネストを選択する方が安心です。なお、プロピトカインは胎盤を容易に通過し、胎児濃度が高くなり、フェリプレシンは子宮収縮作用があるため、妊婦さんには使用いたしません。

【スキャンドネスト(R)カートリッジ(血管収縮薬無添加メピバカイン塩酸塩製剤)】

血管収縮薬が無添加なので、作用時間は30分ほどです。また出血を抑える効果も期待できません。しかし、麻酔がなかなか切れず、しびれている感覚が続くことが不快であり、麻酔をしたくないと思われる方もいらっしゃいます。そのような方が出血を伴わない短時間の処置をする際には有効です。お子さんも、どんなに注意をしても麻酔後の無感覚の時間に、唇や粘膜を噛んで大きな傷になってしまうことがありますので、後発事故を防ぐために使用することがあります。

麻酔針の選択

麻酔針の選択

麻酔の針の太さと長さの違いにより4種類の針を用意しています。前歯付近には奥歯と比較して、「痛点」という痛みを感じるポイントが多数存在しています。そのため、前歯に麻酔をした時の方が奥歯に麻酔をした時よりも痛く感じた経験をお持ちの方もいらっしゃいます。

当院では、27G(ゲージ)・30G・31G・33Gの4種類の針を用意して、部位と状態に応じた針を選択するようにしています。数字の大きいもののほうが細い針になりますが、例えば骨の緻密で厚みのある奥歯付近に麻酔をするために、なるべく痛みを感じないほうが良いからといって、細い針を選んでしまうと、麻酔が効かないこともあり、部位と状況に応じた選択が必要になります。

電気麻酔器

電気麻酔器

多くの方が麻酔の注射が「怖い」「痛い」と感じていると思います。麻酔時に感じる痛みの多くは、液が組織内に注入される時に発生するものです。当院では液の注入量と注入速度をコンピューターで一定間隔に制御し、ゆっくりと注入することにより痛みを最小限に抑えます。

笑気吸入鎮静

笑気吸入鎮静

麻酔ができない方、なかなか効かない方、恐怖心がかなり強く、治療によりストレスを強く感じてしまう方、嘔吐反射が強く、気持ちが悪くて治療が困難な方には、笑気吸入による鎮静をおすすめします。
鼻マスクから30%以下の笑気ガスを吸入することで、気持ちよくお酒に酔った時のような感じになり、恐怖心が薄くなります。意識が無くなるわけではありませんので、治療時の指示には応答することもできます。
笑気ガスを切ってしまえば短時間で元の状態に戻りますので、治療後は少しお休みいただいた後に帰宅できます。ただし、なるべく付添いの方がいらっしゃったほうが安心です。