審美治療・ホワイトニング~笑顔は全身の健康のためにもとても良い効果があります~

美しいお口を実現して輝くような笑顔へ

前歯は、髪型やメイクと同じように、人目に触れて印象に残りやすい部分。もし、前歯の歯並びや着色などでコンプレックスを持ってしまい、人前で大きな口を開けて笑えないとしたら、それはとても残念なことです。また、楽しく笑っているときは誰でも大きく口を開けるものですが、大きく口を開けたときは、前歯だけでなく奥歯も周りの人から見えています。過去の歯科治療で施された金属のかぶせ物、気になりませんか?

こんなお口の見た目の問題をクリアするのが、「審美歯科」です。当院ではセラミックを使用して気になる銀歯を自然な白い歯に替えたり、黄ばんでしまった歯をホワイトニングで白くしたりといった、お口の美しさにこだわった施術を行っています。

審美治療の費用

虫歯の治療や歯にかぶせ物をする治療の費用は一律ではありません。保険がきくものと保険がきかないもの(自費診療)とがあります。歯の治療においては、使用材料や技術によって保険適用のものと保険適用外のものに分かれます。

当院では保険診療と共に自費診療も行っておりますので「銀色の詰め物が気になる」「歯を白くしたい」「金属アレルギーで困っている」といったお悩みがありましたら、遠慮なくご相談ください。カウンセリングスペースを設けていますので、分からないことや不安なことがありましたら、アニメーションや模型を使用して丁寧にご説明いたします。保険診療と自費診療の違いや、費用のことなどなんでも結構です。お気軽にご相談ください。

審美歯科素材

当院の審美治療に使用する素材には、次のようなものがあります。

ファイバーコア

ファイバーコア

神経を抜いた歯は、徐々に硬さが失われていきます。そのため、歯の内部に支柱を入れることで歯を強化し、その支柱の上に歯のかぶせ物が入るようになります。保険の支柱はレジンという樹脂性のものか、金属になります。値段は安価ですが、脆かったり、歯よりも硬いため歯根の破折を起こしたり、金属イオンが溶出し、歯肉に黒ずみを起こしたりすることがあるのが欠点です。
ファイバーコアは、レジンの中心にガラス繊維強化樹脂を入れてレジンコアの強度を改善した素材。歯の象牙質と一緒にコアもたわむため、歯根破折を起こしにくいのが特徴です。また、金属を使用しないため金属アレルギーの方も安心して使用でき、金属イオンも溶出しないため、歯肉の黒ずみも起こりません。コアの上に白い歯を入れた時にも、自然の歯に近い透明感を出すことができます。保険がきかないため費用がかかることと、コアにファイバーを選択した場合、その上にかぶせる物も保険適応外の物しか選択できないという欠点があります。

費用:¥10,000(税抜)/1本

e.max(イーマックス)

e.max(イーマックス)

ニケイ酸リチウムガラス含有セラミックスの曲げ強度を400Mpaまで高めたオールセラミックです。部分的に歯に入れるインレー、歯の全体にかぶせるクラウン、小臼歯までのブリッジに使用できます。透明感に優れますが、その分内部の支柱となっている歯の色調に影響されてしまいます。強度の関係で長いスパンのブリッジには使用できません。

費用:¥35,000(税抜)~/1本

メタルボンド

メタルボンド

メタルボンド

金属のかぶせ物の上にセラミックを焼き付けた素材です。金属が中に入っているので強度も高く、前歯や臼歯の単独補綴はもちろんのこと、大臼歯を含むブリッジや、長いスパンのブリッジにも使用できます。色調は自由に調整できるため、ご自分の歯の特徴を出すこともできます。一方、内部に金属があるために、自然の歯よりも多少透明性に欠けてしまいます。支柱にファイバーコアを使用した場合は、ファイバーの透明感が発揮できないというデメリットもあります。

費用:¥85,000(税抜)~/1本

ジルコニアクラウン

ジルコニアクラウン

メタルボンドの内面の金属の代わりにジルコニアを使用した素材です。金属を使用しないため、金属イオンの溶出による歯肉の変色や金属アレルギーの心配がありません。強度も高いため臼歯やブリッジにも使用できます。色調も自然に近く、内部の支柱となっている歯の色もある程度カバーできます。色を出すために歯を削る量が多めであること、非常に硬い素材であるため除去がとても困難であることがデメリットです。

費用:¥120,000(税抜)~/1本

すべての素材には、メリット(良い点)と、デメリット(悪い点)が存在しています。自費診療の場合、良い点だけを並べた紹介をよく見かけますが、保険がきかない治療は高額な費用がかかります。しっかり考えた上で選んでいただきたいので、メリットのみでなくデメリットも記載いたしました。お迷いの際にはぜひご相談ください。納得した上で治療に入っていきましょう。

歯のホワイトニング

ホワイトニング

歯を削って詰めたりかぶせたりするのではなく、薬剤を使ってご自身の歯の色調を明るくしていく処置が「ホワイトニング」です。ホワイトニングは、かぶせ物をしている歯や神経のない歯には効果がありません。ご自宅で好きな時間に手軽に行える「ホームホワイトニング」と、歯科医院の診療室で行う「オフィスホワイトニング」の、お好きなほうを選択できます。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、専用のマウストレーを使って自宅で処置ができる方法です。白くなるまでには時間がかかりますが、色が元に戻りにくいというメリットがあります。当院では、ホワイトニングの本場であるアメリカでもっともポピュラーなホワイトニング剤であり、日本でも厚生労働省の認可を受けたシステムである「ナイトホワイト」を使用しております。

ホワイトニングの流れ

1.ホワイトニングの説明

2.クリーニング

3.術前の写真撮影

4.マウストレー作製

5.施術(初回1回は診療室内で30分間のホワイトニング)

6.自宅での施術(週に2~3回、1回約1時間)

7.来院していただき色調チェック(来院回数3~4回)

ホワイトニング液は、1本で6回分入っています。6回分の処置をしたけれど、もう少しやってみたいと思う時には液だけを買い足すこともできます。トレーをお持ちであれば、いつでも液のみをご購入いただくだけでご自宅でのホワイトニングが行えます。ただし、歯並びが変わったり、歯にかぶせ物をしたりして歯の形が変わった時には新たにトレーを作り直す費用が発生するため、ご注意ください。
※歯並びのあまり良くない方の場合はホームホワイトニングよりオフィスホワイトニングをおすすめします。

ホームホワイトニング

オフィスホワイトニングは、歯科医院で施術するタイプのホワイトニングです。短期間で歯を白くできますが、色が後戻りしやすいという特徴もあります。当歯科医院ではGC社のティオンオフィスを使用しています。

ホワイトニングの流れ

1.ホワイトニングの説明

2.クリーニング

3.術前の写真撮影

4.ホワイトニング液塗布

5.光照射(3回繰り返す)

6.術後の色調チェック

7.指定の日程に再来院(来院回数1~2回)

オフィスホワイトニングなら、歯並びの悪い方でもムラにならずにホワイトニングを行えます。なお、ホームホワイトニングよりも1回にかかる時間は長くなります。

ホワイトニング後の注意点

・ホワイトニング後の歯は、食べ物・飲み物の色素を吸収しやすいため、色の濃い食べ物や飲み物は避けてください。
・ホワイトニングの効果には歯の状態や、食べ物の嗜好などの違いにより、差があります。
・ホワイトニングの効果はずっと続くものではなく、再着色が起こります。効果の持続期間にも個人差があります。

当院では、ホワイトニング前やホワイトニング中も安心してご使用いただける歯磨き剤や、ホワイトニングの持続効果が期待できる歯磨き剤もご紹介しています。ご要望がありましたら、お気軽にご相談ください。

歯肉のホワイトニング(メラニン色素除去)

歯肉に茶色のメラニン色素沈着があって気になるようでしたら、歯肉もホワイトニングができます。当院では薬液を使用してメラニン色素を剥離する施術を行っています。薬液塗布前に表面麻酔を塗布するため、痛みはほとんど感じません。メラニンがはがれた時に多少しみることがあるかもしれませんが、気にならない程度です。メラニン色素は1度の施術ではなかなか取り切れないので、初回の塗布から2週間ほどあけて2度目の塗布をいたします。

¥3,000(税抜)/片顎2回